「ほっ」と。キャンペーン

放送する義務

放送する義務

 マスメディアに「知る権利」と称して情報収集する権利があるのならば、
その権利に対する義務「放送する義務」も生じるのではないのでしょうか。

 NHKがラグビーの試合を見合わせる検討をしたのについても、強い疑念を
感じます(私の被害妄想が強いのかもしれませんが…)マスコミ、マスメディア
とはもっと、「公平・公共性的責任・普遍的・正しいことを言っている、放送倫理に
のっとって放送している」と思っていたのですが、自社の都合と思える理由で、
放送を取りやめている、つまり自社にとって都合の悪い情報は流さない、もっと
極端に言えば、「情報操作」しているように思えるのです。
 街中を見回せば広告などいくらでもあります、いろいろな物に会社のロゴも
はいっています。それらを映さずに撮ることなど不可能でしょう。実際、NHK
の番組でも街中を映すとき、それにすべてモザイクをかけるなどということは
していません。同じようにとくに審判の胸にロゴが入っていても、とくに特定
企業を宣伝したことにはならないのではないでしょうか?もし、この件に理が
あるとしても、不祥事に対する国会での会長の答弁を放送しなかったことは
明らかに自社の都合でしょう。

 フジTVにしても、ライブドア社長が出演している番組を放送中止にしたのは
自社の理由だとしか思えません。新球団としてライブドアが野球に参入しようと
したとき、それを新しい風だと応援し、それを拒む野球協会を古い体質だと
放送したにも関わらず、自社が買収されるようになると徹底拒否しています。
株を買ってくれる株主は、本来、優待するべきですし、インターネットと
放送が融合するような先進的なメディアができることは良いことではないの
でしょうか?にも関わらず、ライブドアの参入を拒否する明確な理由・理念も
示さないまま「ライブドアの社長など知らない、金で何でも思い道理になるとおもうな」
と拒否するのは、それこそフジTVが放送で批判してきた野球協会の古い体質
と同じではないのでしょうか?ライブドアがフジTVに影響を及ぼしたとしても
なんら悪いことはないはずです。徹底拒否するのは、新興勢力であるネット系の
企業に対する不満や、自社の発信することのできる権利や利権への影響に対する
反発からではないでしょうか。そして、ライブドア社長の出演している番組を
取りやめたのは、番組で自社に都合の悪いことを言われるのを危惧したから
ではないでしょうか?

 マスメディアは「知る権利」と称して、報道される側にとっていやなことまで
強引に知ることが出来ます。また、その時、報道被害と言われるまでの被害を報道される
側がうけることがあります。(この報道被害という言葉を加害者側であるテレビの
アナウンサーが伝えているのにも矛盾を感じるのですが…)
マスメディアはそうして、あらゆる情報を収集できるのにも関わらず、自社にとって
都合の悪い情報を選別し、自社にとって都合の悪いことは放送しなくできるのです。
 報道される側は報道されたくないことまで報道されるのにも関わらず、放送する側は
自分の都合の悪いことは報道しないようにできる。

 これは明らかに誤りであると思わないでしょうか?ワイドショウの誰の利益になるとも
思えない不倫のネタやなにかに「知る権利」が適用されるなら、視聴者がライブドアの
社長がフジTVの番組でなにを言うか知りたいと思うことは権利にならないのか。
NHKの会長が国会でなにをいうのか知りたいと思うのは、権利にならないのでしょうか?
 
 マスメディアには「知る権利」に対する「報道する義務」も生じると思います。
相手の嫌がることでも取材する権利、発信できる権利、膨大な影響力、それらに対する
公平に報道する義務があるのです。特定の利害に関連してころころと放送内容を
かえるのではなく、倫理に関する理念に縛られているべきで、仮に自社に都合の悪い
内容であっても放送しなければならないはずです。また、特定地域にイメージ付けを
することも許されないことだと思うのです。
[PR]
# by civil40 | 2005-02-18 13:06

イメージ

イメージ
 イメージは発信する側のものであり、発信する人の立場に左右されている。
東京の方たちのイメージでは、大阪にお笑いや粗暴といったイメージがある
のかもしれないが、それは東京をスタンダードにした場合である。
発信する側が、自分を普通として、相対的に相手を評価している。
もし、大阪の人のイメージで、自分たちをスタンダードにした場合、東京の
方は大人しいとか冷たいというイメージになり、自分たちを普通と思うだろう。
東京に発信する力が集中しているため、一方的に特定の立場の人のイメージ
が流され、それによって被害を受けている人間がいるのである。

イメージと真実の乖離
 しかし、先に書いたように、発信されているイメージと実際は異なっている。
「大阪のおばちゃんCM」と私の母はまったく違うし、私の周りをみてもあのような
人をみたことがない。
 また、方言の間違いからも、イメージと真実の乖離がわかる。東京から発信される
大阪弁には、多々間違いが見受けられる。自分のことを「わい」とか「わし」などと
いう若者はいないし、文章では説明が難しいがイントネーションや語尾の間違いも
多い。

イメージの真実化
 マスメディアは大きな力を持っている。自分が実際に見聞きしたもの以外は、
マスメディアによって得られた知識といってもいい。もし、どこかの国で戦争が起こ
っても、それをマスメディアがまったく伝えなければ、殆どの人が、その存在を知りえない。
逆もある、実際には起こってない外国の戦争を、マスメディアが一斉に報じたら。
多くのひとが実際に戦争が起こっているのだと思うだろう。
 上記は極論だが、実際の大阪に行ったことのないひとが、マスメディアから流される、
真実とは異なるイメージを見聞きしたらどう思うだろう?それが真実だと思わないだろうか?
TVに多く出ているコメディアンや、間違いだらけの大阪弁、道化師役や敵役、それらが
大阪の本当の姿だと思ってしまうのではないか。 
 
 また、先の「おかん」の書き込みの例のように、マスメディアが流す大阪のイメージ
によって、大阪自体が作られている部分もあるのである。子供のころから、大阪の人間は
こういうものだと、マスメディアによって教えられることによって、それは自分のあるべき
姿なのだと思ってしまう、マスメディアによって真実が作られている部分があるのである。

イメージの画一化
 イメージは対象をひとまとめにしてしまう。大阪にだって、お笑いの好きでないひとも
いれば、まじめな人もいるのだ。しかし、当の大阪で「お笑いの分からないのは大阪人
じゃない」とまで言う人がいる。大阪のお笑いのイメージは、特徴のある特定のひとの
イメージでしかないのである、すべての人がそうでなければならないことはないのだ。
 私からすると、こういう発言をする人こそ、マスメディアに毒されている人間
だと思う。

恣意的なイメージ
 これは邪推かもしれないが、東京から流されてくるイメージには、ただ漠然とそう感じた
という以外の恣意的なものを感じる。例えば、ジャイアンツやSONYは贔屓とも思える、
マスメディアの取り上げ方がある。これらの企業は、もちろん企業自体がお金を出して
ブランド力を高めた部分もあるだろうが、それ以上にマスメディアが取り上げたために
できたイメージも多分にあるだろう。
 その他にも、先にあげた「犯罪24時」のような番組で、凄惨な事件や事故の場面では
大阪が取り上げられ、機動隊や警邏隊などの雄姿の場面では東京が取り上げられるなど、
大阪には悪いイメージをつけ、東京には良いイメージをつけるといった意図が見えるのである。
 それは、地元を良く見せたいというものによるのか、または、中央集権にあたって経済的
な第二勢力である関西を押さえつけようというものなのか、または「いじめ」の原理で
一地方を吊るし上げようというものなのか分からないが、何にしても東京の利益のために
イメージを作り上げているように思えるのである。

 最近、思うのは、「おもしろい」というイメージも、マスメディアは大阪から取り上げよう
としているのではないかということだ。大阪が「面白い」というイメージで逆に盛り上がり
をみせ、東京は「かっこいい」「お洒落」というイメージを定着させたが、それに付随する冷たい
イメージを払拭するため、暖かい「おもしろい」というイメージも定着させようとしているので
はないかと思う。いずれ、大阪のお笑いはベタベタでつまらないとなり、逆に東京の
お笑いがでてきて、TVから大阪のお笑いタレントが姿を消す。大阪に残されるのは、「粗暴」
「こてこて」といったイメージだけになる、それが東京で発信する権力のあるひとが持っている
シナリオではないかと危惧している。
[PR]
# by civil40 | 2005-02-14 19:02

「おかん」と東京のTV局が作る大阪のイメージ

 「おかん」という言葉ですが、私の子供のころは周りで話しているのを
聞いたこともありませんでした。しかし、いま近所の子供はあたりまえの
ように使っています。


 私も大阪全域の方言については知らないのですが、少なくとも大阪北東部
の地方では15年ほど前までは、「おかん」という言葉は存在しませんでした。
しかし、その言葉が定着した原因はわかります。TVでダウンタウンが「おかん」
という言葉を使っていたからです。

 子供たち、いや、子供だけでなく大人まで、テレビで関西の人間が「おかん」と
いうのを聞いて、それが大阪弁なんだと思うようになったのです。しかし、ダウンタウンの
出身は尼崎です。大阪ではなく、兵庫県なのです。そのほかにも「~しとん」とかいう語尾
がありますが、これも兵庫県の方言であり、もともと大阪では使われていませんでしたが、
現在は大阪でも使われるようになりました。
 大阪の人間がもともと話していた言葉ではなく、TVで流れている言葉が大阪弁
になる。つまり東京のTVが大阪弁を作っているのです。

 これは分かりやすい例です。近隣の県の言葉がTVを介して伝わったとしても、
たいした問題ではありません。本当に問題なのは、先の書き込みで書いたように、
「大阪の人間はつねに負ける」「大阪の人間は悪役」というイメージが、子供の頃
ころから植え付けられることです。
 方言のようにはっきりとしたものがないので、TVがどの程度影響を及ぼしている
のかが分かりにくいのですが、方言の例でわかるように、TVは確実に影響を
及ぼしているのです。
 特定のイメージや考え方を植え付けるのは、某教団がおこなった情報操作による
洗脳・マインドコントロールと同じように、恐ろしいものです。このような放送はなくして
もらいたいと思っています。
[PR]
# by civil40 | 2005-02-13 13:10

大阪おばちゃんCM

大阪おばちゃんCM

 静岡県で流された振り込め詐欺撲滅のCMで、大阪のおばちゃんが
登場し、その口調があまりにも酷いとの抗議があり、大阪府の広報担当者
が静岡県側に事情を聞いたそうです。

 このブログを立てようとおもったのも、この記事を新聞で読んだからです。
自分だけが東京のマスメディアに不満をもっているのか?なぜ、ほかの人は
おかしいと思わないのかと思っていました。私と同じような考えのひとも
いるのですが。多くのひとは、そのような疑問も持たず、話しても「しょうがない」
と言うのです。

 この記事を見て、はっきり言って嬉かったです。
 大阪の人間にも、同じように疑問を持ち、抗議するということで行動を
起こしていることと、大阪府がちゃんとした行動をおこしてくれたことがです。
 それで、いままで一人で息巻いていても無駄だと諦めていたのですが、
私も考えを書いてみようと思い、このブログをたてました。

 CM自体は、それほど酷いものとは思えません。それより、酷い放送が
沢山あると思っているので。
 しかし、考えてみてください。あそこであたかも大阪のおばちゃんがみんな
ああだと思われるのは、大阪の人間にとって、自分の母もそうだと言われているのも
同じだと。(私の母は、あのようにがなり立てたりしません!)
 もし、静岡県の方の母親があのように下品だとTVで流布されたら、不満に思い
ませんか?抗議するのは当然だとおもいませんか?
 私からすると大阪府の抗議は当然だと思うのですが、インターネットを見ていると、
逆に大阪府の対応に、公費の無駄だとかなんとかと非難をあげている記事をよく
見ました。わたしには理解できません、なぜこの人たちは大阪が受けている不当な
立場が理解できないのかと思います。

 大阪府は税金の使い方でいろいろ問題になっています。もちろんそれらも正して
いって欲しいですし、これらの大阪差別についても毅然とした態度で抗議してもらい
たいと思います。出来れば、東京のキー局各社や出版社をまわって、大阪差別に
ついて話をして頂きたいです。少し、話を聞きにいっただけでこれだけ反響があるので、
大阪府自体がはなしにいけば、大幅に是正されると思います。

 
[PR]
# by civil40 | 2005-02-13 01:29

大阪差別 テレビ、漫画等での大阪の扱われ方

大阪差別

 私は大阪出身なのですが、子供のころからずっと思っていました。
なぜ、テレビや漫画では大阪の人間がいつも敵役でやられるのかと。


 大人になるにつれ、そのおかしさに疑問や、不満、作為的なドロドロと
した汚いものを感じるようになりました。しかし、周りの大阪の人間はそれが
まるで当たり前のように受け入れています。
 なぜ、変だと思わないのか、不満に思わないのか、こんな番組みてて
面白いのか?
 このような番組を流している東京のTV局にも不満がありますが、同じ
大阪の人間にも、これに不満を感じていない苛立ちを感じていました。

-東京のTV局の番組や漫画などの出版物でおかしいと思うところ-

○大阪が舞台じゃないのに、大阪弁をしゃべる悪役が出てくる。
 酷いものでは、東京が舞台にも関わらず、出てきたやくざが大阪弁を話してる。

○同じく、首都圏が舞台なのに、変な大阪弁をしゃべる登場人物が一人だけ
不自然に出てきて、必ず主人公に負ける。

 恋愛ものなら、ヒロインに恋をするが、主人公に負ける。スポーツ物や、格闘物
でも必ず主人公に負ける。負けなければ、主人公に助けられたりなど、主人公を
引き立たせる道化師。

○悪いイメージのつく番組だけ大阪が取り上げられる
 新宿、渋谷、六本木など、東京の地理はお洒落な店などの紹介でよく取り上げられ、
全国の人間が知っているが、大阪の難波や心斎橋、船場などは、関西圏以外のひと
はほとんど知らないだろう。にも関わらず、犯罪実録24時のような、犯罪を扱った特番
などでは、トップで大阪の凶悪な事件や事故が取り上げられ、逆に首都圏は警察や
消防の勇猛さや苦労など、良いイメージが付くものが取り上げられている。

○お笑いか不良ばかり東京のTVにでてる
 東京のTV番組に出れる大阪出身の人間は、お笑いか元不良ばかりである。
アイドルであっても、ほとんどお笑い芸人のようになってる。大阪にも寡黙なひと
もいれば、かっこいい人も、博学の人もいるのだ、しかし、TVに取り上げられる
のは、そのような特定の人達ばかりである。
 
 社会的に大きな影響のあるマスメディアがそのように偏向した内容で
よいのですか?
 子供のころから、そのような番組を見せられて、自分たちは悪者なんだ、
必ず負けるのだと思わされて育つのは、酷いとおもいませんか?
 もし、逆の立場で、大阪が舞台にもかかわらず、一人だけ不自然に標準語を
話す人物がでてきて、それがヤクザだったり、必ず負ける役立ったりだったら。
そんな放送ばかりが大阪から流されつづけていたら、怒りませんか?抗議しませんか?
 これらの番組や出版物を作られている方や作家さんは作っていて罪悪感が
ないのでしょうか?それとも、大阪の人間ならこんな扱いをしてもよいと思っている
のでしょうか?

 このような偏向した内容の番組は、もはや偏向・偏重というより差別だと
思います。
これ以上酷くなるまえに、東京のマスメディア関係の方には、大阪で
不満をもっている人間がいることを分かってもらいたいですし、大阪の人には、
そのようなおかしなことに目を向け、抗議の声をあげてもらいたいです。
[PR]
# by civil40 | 2005-02-13 00:18